ビニール肌を改善する方法

ビニール肌の原因は、殆んどのケースでスキンケアが間違っていることにあります。
そこで、改善には、それまでのスキンケア方法を見直すことが有効になります。
ビニール肌をそれ以上ひどくしないためには、低刺激のスキンケア用品を使い、保湿ケアに努めることが基本です。
それだけでも、改善効果がジワジワと現れてくるでしょう。
メイクは可ですが、クレンジング剤がいらないくらい、かんたんに落とせる薄いメイクがオススメです。

スキンケアの中止?角質培養

いっそのこと、それまでのスキンケアを中止し、肌の回復を待つ方法もあります。
最低限の洗顔や入浴はしますが、ビニール肌改善のためとはいえ、すっぴん状態を続けるのは辛いものがあるでしょう。
最近では、ビニール肌の改善に効果的だとして、角質培養が評判になっています。
極限にまで薄くなった角質を、ふっくらと厚みを持たせるまで回復させるようなイメージです。
角質培養の基本は、洗顔やクレンジングは低刺激のものを使うことです。
洗浄力の点で不満のあるものが大半なのですが、ココは肌力回復が第一優先です。
洗顔後は、クリームなどでの保湿ケアも、必ず行います。

スキンケア用品は使い方に注意

スキンケア用品や化粧品は、使い方も重要なポイントで、タオルで顔をゴシゴシはNG、肌についた水分は、優しくふき取るのが鉄則です。
化粧水や乳液も、ハンドプレスで肌に優しく浸透させるようにするのがベターです。
肌への刺激が抑えられるようになれば、後は自然治癒力でもって、ビニール肌も改善されていくことでしょう。
一方、ピーリングや毛穴パックなどは、薄くなった角質を、さらにはがし取る行為です。
肌の養生期間中は、こうした刺激の強いものは、一切やめるのが賢明です。