2014年5月アーカイブ

艶肌じゃなくてビニール肌です!!

さて、ビニール肌
遠目に見ると非常に細かな肌理があり、艶のある肌!

にも見えるのですが実際は肌理がなくなってしまい、肌を守るものがない状態なのです。

肌が妙にちテカったり、突っ張ったり、明らかに肌理がないなとおもったらそれはビニール肌です。

このビニール肌原因は過度な洗顔やピーリング系のスキンケアです。

もしスクラブ系洗顔や、ピーリング系のスキンケアを持っている場合。

垢すりなどを行っている場合はそれらを中止して、角質培養など、肌に触れないスキンケアを行うようにしてください。

ビニール肌は肌のバリア機能が失われている状態です。ニキビやなどの他のトラブルも引き起こしやすくなっています。

早めの治療を心がけましょう。

擬似角質というアプローチ

ビニール肌は表面の角質が失われた状態なのですが、それを治すために、擬似角質という方法もあります。

といいましても、手術とかで貼り付けるのではないですし、角質ほどバリア効果もないですし落ちやすいのですが。。。

それでも軽くバリアができるというのはビニール肌にとってはかなり頼もしいですよね。。。!

この擬似角質というのは角質に似た成分を肌に塗るという方法で、とある化粧品メーカーが販売しています。

こういうアプローチもあるんだということを知っておいても損はないでしょう。

さて、今回の記事はちょっとやり過ぎかなー?

とも思わないでもないですが、ビニール肌はとにかく敏感な状態なので、結構大事でもあります。

と言いますのもとにかくビニール肌って外からの刺激に弱いですよね?

そこで、日々肌と触れ合う、タオルや、枕カバーなどの素材に気を使ってみましょう?

化学繊維が使われていませんか?

もし化学繊維が使われている場合は綿100%にしてみましょう。

私自身子供のことアトピーがあったのですが、綿100%の服を着ていると炎症が怒らなかったので、これは結構大事なんだと思います。

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。