ビニール肌の治し方の最近のブログ記事

擬似角質というアプローチ

ビニール肌は表面の角質が失われた状態なのですが、それを治すために、擬似角質という方法もあります。

といいましても、手術とかで貼り付けるのではないですし、角質ほどバリア効果もないですし落ちやすいのですが。。。

それでも軽くバリアができるというのはビニール肌にとってはかなり頼もしいですよね。。。!

この擬似角質というのは角質に似た成分を肌に塗るという方法で、とある化粧品メーカーが販売しています。

こういうアプローチもあるんだということを知っておいても損はないでしょう。

ホホバオイルでセラミドを補給

ビニール肌の方にはあまりオイルというのはお勧めできないものなのですが、一部を除く天然素材のものはビニール肌対策に効果があります。

その中でも今回はホホバオイルを紹介いたします。

ホホバオイルとはその名もホホバからとれるオイルです。

その成分にはビタミンEやミネラル、アミノ酸を含み天然保湿因子を補います。

さらに、セラミドも多く含むことからビニール肌にほしい成分がガッツリ取れるということです。

更に嬉しいことにホホバオイルは肌への浸透性が高いという利点もありますよ!

角質培養は我慢!

さて、先ほどのエントリーで角質培養は我慢が必要と言いました。

というのも......

角質培養は途中で肌が本当に汚くなります。

角質というのは寿命があり、一定の間隔で入れ替わっています。

その入れかる角質が垢として出てくるのですが......

その垢を必要以上に落とさないようにしないといけないのです...

垢を無理やり落とすとその下のまだ若い角質が剥がれてしまう可能性があるからです。

垢が残るとすこし黒ずんじゃいしちゃいますが、ビニール肌を治すため!

我慢しましょう!

ビニール肌にはとにかく角質培養

さて、ビニール肌の治療は何度も同じようなことを言っていますが......

角質培養しか残念ながら今のとこ見つかっていません。

この角質培養というのは、実は短いスパンで見ると美肌にはなりません。

というのも角質培養はとにかく肌を「こすらない」

ということがキーワードとなるのです。

つまり様々な我慢が必要となるのです。

ビニール肌を治すには・・・

さて、結構厄介なビニール肌ですが治療するにはどうしたらいいでしょうか?

ビニール肌というのは、もはや木を失った山のようなもの...

まずはその木である角質を育て直さないといけません。

もちろん育て直すと言っても人間の細胞はなかなか外部から作ることはできません。

そこで、勝手に育ってくる細胞を傷つけないようにそっと守ることが必要です。

そのためにはどうしたらいいのでしょうか?

ビニール肌とは:トップページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちビニール肌の治し方カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはビニール肌とはです。

次のカテゴリは習慣や要注意ポイントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。